大腸がんの転移先は主に肝臓や肺|早期発見が命の分かれ道

腰痛の原因は体の歪み

腰痛

長時間座りっぱなしの姿勢を続けていると、次第に骨盤や背骨が歪んでしまいます。腰痛の原因はこの歪みです。行徳にある整骨院では体の歪みを整え腰痛を改善してくれます。腰痛に悩んでいる人は整骨院で治療を受けましょう。

More Detail

関節が固まる病気

看護師

リウマチは関節部分が炎症を起こし、滑膜や軟骨が破壊される症状をいいます。次第に関節が歪み、固まってしまいます。世田谷にはリウマチ専門のクリニックが豊富にあります。早期治療でリウマチの進行を抑制しましょう。

More Detail

自覚しにくい病

男性

心筋梗塞は突然胸に激しい痛みが起き、わずか1時間以内には死に至る危険性がある病です。日常的に胸の痛みがある場合は息切れ、食欲不振、咳、冷や汗がある場合は心筋梗塞の前兆だと考え受診しましょう。

More Detail

がん治療の方法

カウンセリング

大腸がんは血便や腹痛などがあるため、比較的自覚しやすい病です。そのため、他の臓器に発生するがんに比べると治りやすいといわれています。また、がんは転移が危険視されていますが、大腸がんは比較的転移しにくいという特徴があります。そのため、がんを完治することができるのです。とはいえ、大腸がんの発見が遅れた際や上行結腸や横行結腸にがんが発生した場合は、転移する可能性が考えられます。肝臓や肺、リンパ節に転移する可能性があるので注意しましょう。大腸がん患者のおよそ11%が肝臓に移転しています。黄疸や右上腹部の鈍痛、倦怠感が主な自覚症状です。次に多いのが肺への移転です。1週間以上続く咳や血痰、息苦しさがみられる場合はすぐに検査を受けましょう。

がん治療には抗がん剤治療法と、電磁波の熱で固めて焼く治療方法があります。体調などを考慮して治療方法が決められます。また、抗がん剤治療では副作用を心配している人は、手術でがんを取り除きましょう。とはいえ、移転したがんの大きさや数によってはまず抗がん剤治療で小さくする必要があります。その場合は、副作用の少ない抗がん剤を選択すると適切です。私たち人間の体は日々さまざまな病に侵される危険を持っています。運動機能を支えている関節部分にはリウマチといって炎症を起こす可能性があります。また、日常生活により腰痛を訴える人が多くいます。その他にも心筋梗塞など、死に至る危険性の病もあります。これらの症状は全て前兆を察知することで完治できます。体が訴える自覚症状を見逃さず、早急に検査を受けることが大切です。