プロバイダを乗り換える時のポイントとは

プロバイダを乗り換える時のポイントとは

プロバイダのセキュリティで大人と子供のフィルターの設定

大人だから何をしてもよいわけではありません。しかし、一応20歳以上になれば法律的には制限は取れます。一方、子供の場合は、法律上このようなことはしてはいけないと決められていることがあります。お酒やタバコ等はいけないのです。いけませんが、目の前に置いてあって誰も何も言わなければついそれを口にしてしまう事があるかもしれません。もちろんそれは親がそうしないように見たり、止めたりします。子供の見えるところに置かないようにします。

パソコンを家族で共用していることがあります。リビングに置いて、好きなときに使えるようにしています。テレビと接続して、テレビ画面で見られるようにしていることもあります。旅行先を決めるときなどに、家族で話し合いながら検索したりすることはあるでしょう。親に関しては特にフィルターは用意する必要はありませんが、子供のみが使うときには一定のフィルターが必要です。そうすることで、子供に見せたくないサイトを避けられます。

ただし、パソコンに子供用のフィルターを設定すると、親も情報が見られなくなることがあります。これだと不十分な利用になります。あるプロバイダが提供するセキュリティーの仕組みとして、子供用のフィルターがあります。こちらについては、ログイン時の名前によってフィルターをかけるかどうかの判断をしてくれます。子供の名前で入ればフィルターがかかり、親の名前ならフィルター無しで使えます。幅広い検索ができるのです。